2018.10.6

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業)について


 
我が国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。経済産業省資源エネルギー庁は、この目標の達成にむけたZEHロードマップの検討をおこない、そのとりまとめを2015年12月に公表しました。

当社では、「ZEHの新築」、「ZEHの新築建売住宅の購入」、「既築住宅のZEHへの改修」の3つのケースについて、以下のとおりに目標を定めました。いわゆる「ZEHビルダー」登録については、平成28年の夏までにすでに完了しております。

平成29年度については、当初ZEH住宅の受託目標を20%と定めて取り組んできました。しかし、最終的には平成29年度のZEH住宅の建設実績は、新築注文住宅、新築建売住宅、既築改修ともに0棟でした。ご予算やご要望との兼ね合いもありますが、お客様のご理解を頂きながら、ZEH住宅の普及へ向けて今後も取り組んでまいります。